鹿男あをによし

ドラマ動画視聴ブログ -ドラマグ- 鹿男あをによしのテレビドラマ動画視聴ページ
Google
 
  • 1ポンドの福音
  • 未来講師めぐる
  • エジソンの母
  • 交渉人
  • 貧乏男子 ボンビーメン
  • 鹿男あをによし
  • だいすき!!
  • 斉藤さん
  • 正しい王子のつくり方
  • あしたの、喜多善男
  • ハチミツとクローバー
  • 薔薇のない花屋
  • 暴れん坊ママ
  • 有閑倶楽部
  • 医龍2
  • モップガール
  • ドリーム☆アゲイン
  • 死化粧師
  • SP エスピー
  • ハタチの恋人

  • バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    『鹿男あをによし』(しかおとこあをによし、THE FANTASTIC DEER-MAN)は、日本の男性小説家・万城目学の小説。2007年4月に書籍が刊行された。奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。タイトルの「あをによし(青丹よし)」とは枕詞で奈良の前につく修辞である。

    9月、「おれ」はとあるきっかけで大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。「おれ」の前に鹿が現れ、人間の言葉で話しかけてきたのだ。その鹿とは1800年前から人間を守りつづけた存在で、60年に1度行われる「鎮めの儀式」で用いる目を運ぶ「運び番」に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、狐の「使い番」を任せられた女性から渡されると話す鹿であったが、「おれ」は違うものを渡された。訳が分からない「おれ」に鹿は印をつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。そして、同じころ、東では火山性微動が続き、富士山が噴火する兆候にあった。

    一方、勤務する高校では年に一度のスポーツイベント「大和杯」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが。
    鹿男あをによしコメント
    鹿男あをによしへのコメント
    鹿男あをによしへコメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。