更新情報

ドラマ動画視聴ブログ -ドラマグ- 更新情報のテレビドラマ動画視聴ページ
Google
 
  • 1ポンドの福音
  • 未来講師めぐる
  • エジソンの母
  • 交渉人
  • 貧乏男子 ボンビーメン
  • 鹿男あをによし
  • だいすき!!
  • 斉藤さん
  • 正しい王子のつくり方
  • あしたの、喜多善男
  • ハチミツとクローバー
  • 薔薇のない花屋
  • 暴れん坊ママ
  • 有閑倶楽部
  • 医龍2
  • モップガール
  • ドリーム☆アゲイン
  • 死化粧師
  • SP エスピー
  • ハタチの恋人

  • バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    『鹿男あをによし』(しかおとこあをによし、THE FANTASTIC DEER-MAN)は、日本の男性小説家・万城目学の小説。2007年4月に書籍が刊行された。奈良の女子高に赴任した教師が奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー小説。タイトルの「あをによし(青丹よし)」とは枕詞で奈良の前につく修辞である。

    9月、「おれ」はとあるきっかけで大学の教授に勧められ、2学期の間限定で奈良の女子高の教師になる。しかし、生徒にからかわれたり、無視されたりとコミュニケーションが取れず、途方に暮れる。そうして迎えた10月。「おれ」の前に鹿が現れ、人間の言葉で話しかけてきたのだ。その鹿とは1800年前から人間を守りつづけた存在で、60年に1度行われる「鎮めの儀式」で用いる目を運ぶ「運び番」に「おれ」を任命する。目は人間界で「サンカク」と呼ばれ、狐の「使い番」を任せられた女性から渡されると話す鹿であったが、「おれ」は違うものを渡された。訳が分からない「おれ」に鹿は印をつけ、「おれ」の顔を鹿にしてしまう。そして鹿は「目を取り戻さないと日本が滅びる」と警告するのであった。そして、同じころ、東では火山性微動が続き、富士山が噴火する兆候にあった。

    一方、勤務する高校では年に一度のスポーツイベント「大和杯」が行われようとしていた。そして「おれ」はその優勝プレートが「サンカク」と呼ばれていることを聞く。剣道部の顧問になった「おれ」は、人類を危機から救うために目を取り戻そうと優勝を目指すのだが。
    バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    『だいすき!! ゆずの子育て日記』(だいすき ゆずのこそだてにっき)は、愛本みずほの漫画作品。2005年「BE・LOVE」(講談社)にて連載が開始され、2007年1月現在で単行本は4巻まで発売中。

    「知的障害者の子育て」を題材にしており、子育ての側面と知的障害者に対する偏見に関する内容をテーマにした漫画となっている。そのテーマの関係上、取材を綿密に行い話を構成しているためか、連載は4話掲載して、2 - 3か月の休載をするといったパターンになっている。

    2008年1月17日から、TBS系列で毎週木曜日22:00~22:54(JST)に『だいすき!!』というタイトルでドラマ化される。主演は香里奈。初回は10分拡大版。香里奈は今作がドラマ初主演となる。また香里奈は役作りのために髪をショートカットにした。

    軽度の知的障害を持つ福原柚子は、同じ作業所に通う沢田草介との間の子供を妊娠していた。しかしその矢先に草介は交通事故で他界してしまう。周辺の人から「子育ては無理」と諭されるも柚子は子供を生んで育てていく決心をする。そこから、柚子のお母さんとしての日々が始まる。
    バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    『斉藤さん(さいとう- )』とは、漫画雑誌「office YOU」(集英社)にて連載中の小田ゆうあ作の漫画作品、およびそれを原作とした日本テレビ系列の連続テレビドラマ。

    2008年1月9日から日本テレビ系列の水曜ドラマ枠で毎週水曜日22:00~22:54(JST)に放送される。 キャッチコピーは「うるさかろうが、煙たかろうが、斉藤さんは正義の道を行く。」
    バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    『正しい王子のつくり方』(ただしいおうじのつくりかた)は、テレビ東京系列ほかで、2008年1月8日から、毎週火曜日の17:30-18:00(JST)に放送されるテレビドラマである。全12話。字幕放送(一部地域を除く)・ハイビジョン制作。 物語は「イケてない男子(ネガティブな男子)」たちを女子達の手で「イケてる王子(ポジティブな男子)」に変えていく、という展開で進んでいく。前作同様「変身」の要素を含んでおり、外見のみならず、内面も変身させていく中で、プロデュースされる男子も、プロデュースする女子も共に成長していく過程が描かれている。そのこともあって、基本的には女性が主導権を持つストーリー構成となっている。ただし、出演者の扱いは明らかに男子側がメインとなっており、あくまでも本作が女性ターゲット向けに作られているということを物語っているといえる。なお、主役クラスの男子は通称「~王子」と呼ばれている。

    女子高生がイケてない男子とペアを組み、自分好みのイケメンにプロデュースしていく学園コメディー。

    長い歴史を持つ聖花女子学園に、名門男子高・秀学館との合併話が持ち上がり、選抜された男子生徒が聖花女子学園へ試験的に転入することになった。だが、期待を膨らませる女子生徒たちの前に現れたのは、揃いも揃って外見や性格に難ありな辰哉をはじめとする10名の男子。実は秀学館と一文字違いの衆学館が聖花女子学園の合併先だったのだ。あまりにもひどすぎる男子たちの姿に、これではいかんと一念発起した女子高生たちは彼らを変えるお手伝いをすべく、男子改造計画、略して「王子プロデュース」を計画する。
    バストアップ豊胸術、整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
    『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』(-きたよしお〜せかいいちふうんなおとこの、きせきのじゅういちにちかん〜)は、島田雅彦の小説『自由死刑』を原案として、2008年1月8日から関西テレビの企画・制作によりフジテレビ系で毎週火曜日の22:00-22:54(JST)に放送中(テレビ宮崎は除く)。共同制作にはMMJ。

    主演は、連続ドラマ初主演となる小日向文世。脚本は飯田譲治。また、松田龍平は民放の連続ドラマ初出演である。

    キャッチコピーは「人生のクライマックスは、意外とサスペンスに満ちている。」
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。